世界の中心でマイを叫んだけども

06,02,12公開ー
日記とか、感想とか、考察とか。
ぼそぼそとつぶやくようにもなりました。http://twitter.com/Kuro_ino
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
月ごとですよ
最近のコメントー
トラックバックー
管理人はこんな人
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
管理人が体験した東日本大震災 2011.3.11 20:40〜
※このシリーズは、当ブログの管理人が東日本大震災に遭遇した際の行動と、
 そのときに考えていたことを出来るだけ詳細に、なおかつ率直に書き綴っていくものです。

 当時の震災をミクロな観点で、ありのままに書き綴っていくため、
 意味が分かりづらかったり、嫌悪したくなるような描写もたびたび登場するかと思います。
 
 物語のようにテーマ性があるワケでも一貫性があるワケでも勧善懲悪というワケでもないので、
 その点だけはご了承いただければと思います。


津波の被害を目の当たりにした私は、それでも冷静さを失ったりはしなかった。
けれど今にして思えば、それはただ単に、あまりの異常事態を前に、
思考そのものが困難になっていただけなのかもしれない。

(津波 きたのか じゃあ地元は ダメなのか
 ここからの帰りはどうする? 国道に戻るしかないか?
 またあの混雑した道を走ることになるのか ここからだとどう行くのが正解だ?
 手前の交差点を西に行って 西に行けば道路は大丈夫だよな?
 警察署のとこから合流するしかないか)

Uターンし、迂回ルートを走り出す。

ここから、国道に復帰し、地元まであと5〜6劼箸いΔ箸海蹐泙覗った記憶は、
現在の私にはまったく残っていない。
次の記憶は、あともうすぐというところまで来たものの、
渋滞がいよいよ酷いことになっているところから再開している。

国道はもはや、徒歩以下の速度しか出せないほどの渋滞だった。
時速に換算すると、1劼△辰燭どうかも怪しい。

(・・・いくらなんでも、ここまでの渋滞が起きるっていうのは変だよな)

という考えが浮かぶのとほぼ同時期に、一方の対向車線はまるで車が走っていない事実に気づく。

(なんだ? こっちの車線がこれだけ混んでるのに○○方面からの車が皆無っていうことは・・・
 道路が使用不能になっている? いや、でもそうだとしたら、少しずつでも流れているのは変か?
 その情報を知らせる手段がないから? じゃあ反対側をたまに走ってくる車は、
 ひょっとして、Uターンしてきてる車だけってことか?
 そっか。小型車ならともかく、トレーラーとかは道路が閉鎖してたらどうしようもなくなる。
 完全に立ち往生だ。
 通行目的で来たクルマが立ち往生、一部のクルマを除いてUターンすることすら出来ない、
 時間が経つにつれて、車列が伸びている。
 現状はこんな感じだってことか?)

数分ほどの時間をかけ、上記のような考えをまとめた私は、そこから更に少し悩んだ末に、

(歩こう)

という結論に達した。
反対車線を走ろうと思えば走ることも出来たかもしれないけれど、小心者の私には出来なかった。
同じ理由で、歩道を原付で走行するのも却下。
となれば、1時間以上かかったとしても、歩いて地元まで行くのが一番だと、そう結論を出した。
エンジンを切る。
歩道に上がって、私は歩き始めた。

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。